礼服、喪服の選び方をプロがお教します。

トップページ >> 礼服の選び方 TPOガイド  >> 結婚式の礼服の選び方

結婚式の礼服の選び方

一般的な結婚式や格式張っていない式や、披露宴などでは略礼服を選択するケースが多いと思います。

昼間の結婚式

昼間では「ブラックスーツ(シングルの場合はベストも)+立衿シャツ+アスコットタイ(モーニング縞ネクタイ、白以外の礼装用ネクタイでも可)+白のポケットチーフの組合せ。」などは、ひとつの基準となるかもしれません。この組み合わせなら、夕暮れまでにお開きになるような、セレモニー・パーティなどにピッタリです。ポイントは、立衿のシャツです。世界の多くの人々はこの「立衿」で礼装と認識します。また、モーニングの縞ズボンを着用すれば、よりフォーマルになります。さらに、ブラックスーツのかわりにダークスーツでも良いと思います。世界的に見れば、ブラックスーツよりダークスーツの方が一般的です。ネクタイの色には気を配りたいところ。派手な色柄のネクタイも場合によってはオモシロイかもしれません。

夜の結婚式

「ブラックスーツ+立衿のシャツor白・色物のワイシャツ+蝶ネクタイ+カマーバンド(シングルのブラックスーツの場合)+ポケットチーフの組合わせ。」昼間から夜にかけての結婚式でこのような組み合わせはどうでしょうか。蝶ネクタイも礼装と認識させるアイテムのひとつ。蝶ネクタイの色は黒を避けます。正礼装の場合は黒もアリですが、それ以外ですとサービス業をイメージさせるため好ましくないでしょう。エコ蝶タイをオススメします。カマーバンドは、黒が最もフォーマルな装い。グレー、紺、エンジも人気です。立衿ヒダ胸黒釦シャツなら、よりタキシード風な装いになります。

パーティーは人と人との出会いの場でもあります。礼装は周りの人々と全く同じでも違い過ぎても駄目。周りの人が違和感を覚えない程度が丁度良いかもしれません。いつもと少し違う礼装でちょっと個性を演出。堂々と礼服を着こなして出かけましょう。

結婚式の礼服の選び方

モーニング

結婚式の礼服の選び方(モーニング)モーニングは結婚式での正礼装としてよく選択されます。特に格調高い式やパーティーで主役かそれに準じる方が着用します。例えば、結婚式の新郎や新郎新婦の父親などにはふさわしい格好だと言えるでしょう。

モーニングをお求めの方はこちら
 
タキシード

タキシードタキシードは夜のフォーマルウェアとして親しまれていますが、正礼装からやや楽礼的な着こなしまで幅広く対応可能です。夜の結婚式などに、ふさわしい礼服なので、1着あると重宝するでしょう。英国ではディナージャケットとも呼ばれます。

タキシードをお求めの方はこちら
 

ページトップへ