礼服、喪服の選び方をプロがお教します。

トップページ >> 礼服の選び方 TPOガイド  >> 場面別!礼服選びの失敗談

場面別!礼服選びの失敗談

場面別!礼服選びの失敗談

礼服選びの大事な所はサイズ選びです。
このような声が届いています。

Sさん

娘のピアノ発表会があると言うので、礼服を着て会場に行くことになりました。礼服はもともと合ったものでしたが、購入した時より少し太っていたので気がかりでした。でも毎日着るものではないので、少々無理がありましたが、そのまま着ていったんです。発表会も無事終了。しかし、その後に事件が…。記念撮影にて、しゃがんだ時に『ビリッ』と太ももの所が大きく破け、娘と妻に白い目で見られ冷や汗ものでした。窮屈な礼服だけは絶対に避けるべきです!

 

Hさん

友人の結婚式で礼服を自分なりに選び、コーディネートも全て自分なりに決めて、バッチリと思っていざ結婚式に参列したら、友人から何度もホテルスタッフと間違えられました。やはり礼服は私服と勝手が違うなぁと実感。自分でとバッチリ思っていても、プロのスタイリストや礼服専門店の方に見てもらうのが一番ですね・・

 

Aさん

妻の父が突然亡くなり、お通夜、お葬式が急遽決まりました。お葬式の段取り、坊主の手配、子供の世話など全てが自分に圧し掛かりました。喪服の事なんて当然頭にない状態でした。いつもお葬式の時は、妻が全て用意からコーディネートまでしてくれていたのですが、その妻が寝込んでしまったので全て自分でやることに。案の定、おかしな組み合わせになり大変恥ずかしい思いをしました。お葬式やお通夜は急な事が多いので事前にきちんと用意しておくのは社会人のマナーとして、とても必要な事だと痛感しました。

 

ページトップへ