礼服、喪服の選び方をプロがお教します。

トップページ >> 礼服の選び方 TPOガイド  >> お葬式のマナー

お葬式のマナー

弔問の服装

弔問の服装急な弔問や通夜などは、正式喪服で駆けつけることが無理な場合も多いと思います。確かに、喪服を身につけるのが弔問者の礼儀ですが、正式な喪服でなくても、派手じゃない黒や濃紺、ダークグレーなどのスーツを着用すれば大きな問題ありません。また、ネクタイ、靴下、靴に関しても同じ事が言えるでしょう。カラフルなシャツや靴は避けるべきです。

女性の喪服は光沢のない黒のワンピースやスーツで、控えめな柄、デザインのものを選択。靴、バッグ、ストッキングもなるべく黒に統一します。急な弔問や通夜などに対応するには、黒や濃紺、グレーなどの控えめなデザインの服ならとりあえず十分です。お化粧も控え目にして、派手なアクセサリーも避けます。

お焼香マナー

お焼香マナーお焼香とは、お香で自分を清めて故人を供養する儀式です。お焼香の回数は宗派や考え方によって異なりますが、通常は1回から3回。参列者がかなり多い場合は後がつかえるので、1回で終わらせるなど状況に合わせて変えていきましょう。また、抹香のつまみ方ですが、右手の親指と人さし指、中指の3本でひとつまみするのが基本です。そのまま、ろうそくで火をつけて香炉にまっすぐ立てます。

香典の表書きと金額

香典を出す場合、金額とともに、その「書き方」をどうすれば良いのか気になるところです。香典の表書きに関しては、葬儀の形式、宗教の種類によって異なってきます。香典袋の表書きを書く際に、故人の宗派が不明な場合は、特に迷ってしまいますが、「御香奠」と言うような、宗教形態に無関係の言葉を書けば問題ないでしょう。
ちなみに、よく「御霊前」という言葉を使いますが、キリスト教の中のプロテスタントや浄土真宗では認められておらず、注意が必要です。また金額の目安ですが、葬儀において、お香典は本来「気持ち」ですので、なかなか難しい問題です。これからのご縁も含めて相応の金額を出すべきでしょう。収入や故人とどのような関係であるかによって、金額の相場がありますので調べておきましょう。

ページトップへ