礼服、喪服の選び方をプロがお教します。

トップページ >> 礼服の常識 >> 礼服について

礼服について

礼服を身につける場面は、基本的にはあらたまった席でしょう。例えば冠婚葬祭ではフォーマルな格好、つまり「礼服」が着用されます。葬儀などでは「喪服」、また制服も礼服として着用可能です。その礼服は、「正礼服準礼服略礼服」と3つに大別でき、それぞれTPOに応じて着用します。

正礼服

正礼服正礼服とは、特に格調高い結婚式や記念式典などで主役に匹敵する者が着用します。男性の場合では、燕尾服モーニングコート。女性の場合は、イブニングドレス、アフタヌーンドレス、和服などが一般的に正礼服と呼ばれます。

燕尾服をお求めの方はこちら モーニングをお求めの方はこちら
 

準礼服

準礼服は、一般的な結婚式や祝賀会の列席者が身につけます。男性はタキシードやファンシースーツ、ディレクターズスーツ。女性ではディナードレス、セミアフタヌーンドレス、タウンフォーマルスーツ、カクテルドレスなどです。

ディレクタースーツ
ディレクターズスーツをお求めの方はこちら
タキシード
タキシードをお求めの方はこちら
カクテルドレス
カクテルドレスをお求めの方はこちら
 

略礼服

略礼服比較的、形式にこだわらないようなパーティーなどに着用する礼服です。男性では、ダークスーツ、インフォーマルスーツなどが一般的でしょう。「平服」可能な式などでも略礼服が利用されます。

略礼服をお求めの方はこちら
 
礼服を選ぶ際に

礼服はありとあらゆる部分で必要になりますので、男性は特に専用のものを最低1着は用意したいものです。また、それほど頻繁に着るものではないので、長く使っていけるような、しっかりとした礼服を購入するべきだと思います。できることなら、シチュエーションに合わせて、「正礼服準礼服略礼服」と分けて用意しておくのがベストでしょう。さらに、その礼服やシチュエーションに合ったフォーマル・アクセサリーが決まっているので、こちらも合わせて用意しておくと良いでしょう。

 

ページトップへ